産み分け方法の一つで病院への通院があります!

病院での産み分け方法

産み分けには、正しい知識を持ちその知識に基づいて、産み分けに関する様々な方法を実践することが求められます。

 

産み分けを診療内容とする病院へ通い、専門医から産み分け指導を受ける方法も一つ方法としてあるので、このページでは病院での産み分けについて説明しておきます

産み分けを病院で検討している方へ

病院での産み分けを検討されている方は多くいるのではないでしょうか?

しかし不安になるのが

  1. 成功確率
  2. 費用の問題
  3. 保険が適用可否であるか

などと思われます

病院の産みわけは、成功確率は約73〜74%と高め。しかし費用も正直掛かります。保険は対象外となります。このことは頭の中に入れておいた方が良いでしょう。

 

病院産み分けの成功確率はどれくらい?

病院での産み分け確率は?

保険対象外である病院の産み分けを希望する際

  • 重要視されることは、利用した際産み分けが成功する確率であると思われます。

その確率が低いのであれば、利用する方は少ないでしょうし、不安に感じる方も多くなります。費用も高く保険対象外でもありますから、お母さんたちからの支持は低くなってしまうのです。

病院の産み分けの成功率は

  • 男の子で約73%
  • 女の子で約74%

外部サイト:過去20年間の杉山産婦人科での調査結果

 

費用が高くても、専門家の元でやりたい人に人気

専門家の元でやりたい人に人気

利用している方の本音は、保険が適用されて、もっと成功率が高ければという事なのでしょう。

 

パーコール法という人工授精によって、産み分けする方法でも、約70〜80%の成功率です。確率が100%に近付くのは、難しいと考えるのが妥当であると思います。

 

費用はどれくらい?保険は適応になるの?

病院の費用はどれくらい?

産み分け指導に掛かる費用は

  • 結論から申しますと、産み分けは病気治療ではありませんので保険が適用されない自由診療となります

病院の産み分けの費用:初診の場合は

初診料 約6000円
ホルモン血液検査 約2000円
ホルモン尿検査 約1000円
頸管粘液検査 約1000円
超音波検査 約2000円
リンケル1ヶ月分(男の子の場合) 約3000円
ピンクゼリーorグリーンゼリー 約10000円
あくまでも一例に過ぎませんが

病院の産み分けの初診には、約25000円掛かると考えても良いでしょう。

翌月からの2回目以降なら

初診料はかからないが、5000〜10000円くらいと考えて下さい。

総額で考えてみますと費用の部分は難しい…

費用の総額は産み分けがどれくらいの期間で、成功するかによって決まってきます。

  • 1回で成功する方もいれば
  • 5〜10年も掛かる方もいます

そう考えると病院の産み分けを希望するのでれば、毎月1万円は産み分けのために、家計から支出可能な経済状態であることが必要と言えるのではないでしょうか。

うちは経済的余裕がそこまでないので厳しい

産み分けは保険対象外なので

うちは経済的余裕がそこまでないので、病院での産み分けでなく

  1. 市販の産み分けゼリー
  2. 基礎体温測定
  3. 排卵検査薬
  4. 細かいテクニック

で産み分け挑戦を行いました^^

 

ベイビーサポート体験談

ベイビーサポートを使った産み分けをした二人目女の子が欲しい夫婦の口コミ体験談レビュー!効果的に使ってみたその結果は…

 

>>ベイビーサポートを使った体験談レビュー

病院での産み分けはどのようなことをしてくれる?

病院で産み分け診療内容を教えて

病院の産み分けを希望する場合に気になるのは、診療内容ではないでしょうか?

病院によって違いますが

@排卵日の特定を行う 家庭においての基礎体温の計測方法の説明を受けます
A排卵日が特定不能の場合 超音波検査となります
B検査やホルモンの指導 病気の有無を確認するために、血液摂取や尿検査などを行うことになります
C男の子を希望される方 リンカルSの服用、グリーンゼリーの使用が指導されます。卵子が排卵されるころを見計らって、性行為を行うタイミング法を実践することも勧められるでしょう
D女の子を希望される方 タイミング法の実践と、ピンクゼリーの使用が勧められると考えられます。
病院によって不妊症や高齢出産の方は、お断りとされるケースがある
不妊症の方が産み分けをしてしまうと

不妊症の進行が早まり、妊娠する確率が下がってしまう可能性がある

高齢出産がお断りされる理由としては

妊娠する確率が低い方が産み分けを行ってしまいますと、更に妊娠率が低下してしまう可能性があるからなのです。

 

病院から処方されるピンクゼリー・グリーンゼリー

ピンクゼリー・グリーンゼリー

病院の産み分け指導において処方されるのが、ピンクゼリーやグリーンゼリー。費用は保険対象外ですから、5回分が入っていて約10000円と安くないです

性交前に膣内に注入しますと

  • ピンクゼリーを使用した場合:膣内は酸性に保たれ、女の子が生まれやすい環境となります。
  • グリーンゼリーを使用した場合:膣内はアルカリ性に保たれ、男の子が産まれる確率が高くなります。

ゼリーの使用方法

  1. 45℃〜50℃のお湯で溶かします(5〜10分で溶けますので)
  2. シリンジ(注射器)に約3〜4cc程度を入れます。(シリンジを膣内に半分以上、挿入する事で確実な注入がしやすくなります。)
  3. 注入はゆっくりと膣内全体に行き渡るように
  4. 約5分間待って性行為を行うということになります。(約5分間の時間を待つ事で、膣内全体にゼリーが行き渡り、産み分けに成功する環境が整うこととなります!)

ピンクゼリーをもっと詳しく

産み分けで女の子希望の場合、病院でしょほうされるピンクゼリー!成功確率UPするゼリーを通販で半年間で7万近くお得になる?

 

>>ピンクゼリーをもっと詳しくなら

グリーンゼリーをもっと詳しく

男の子の産み分けで病院から処方される産み分けゼリーのグリーンゼリー!正しい効果的な使い方で確率UPする方法掲載中^^

 

>>グリーンゼリーをもっと詳しくなら

 

男の子希望の場合はリンカルS処方の場合もある

リンカルSS画像

男の子の産み分けを希望すると、病院の産み分け指導の際にリンカルSを処方される場合があります。

  • リンカルSはサプリメントであり保険対象外ですが、費用も安く男の子が生まれる確率が高くなります。

リンカルSを服用すると、男の子の産み分けに成功する確率上がるのです。

 

男の子産み分けサプリのリンカルS

男の子の産み分けの時病院から処方されるサプリのリンカルS。より効果的に飲む飲み方で成功確率UPを目指しましょ^^

 

>>リンカルSをもっと詳しく知るなら

 

病院での産み分けをおすすめ出来る人・おすすめ出来ない人

おすすめ出来る人
  1. 経済的に余裕がある方
  2. 専門医の元産み分けしたい方
おすすめ出来ない人
  1. 不妊症の方
  2. 高齢出産の方
  3. 経済的に余裕の無い方
病院・産婦人科での産み分け まとめ

専門医と二人三脚

産み分けを成功させたく、経済的余裕がある方だと正しい知識を持った専門医が丁寧に指導してくれるのでおすすめ

 

指導されたことをしっかりと守っていくことが産み分けでは大切です。

 

産み分け人気の記事一覧

産み分け体験レポート

確率UPゼリーの正体!

産み分けゼリーのベイビーサポート使っての体験記

確率UPゼリーの正体

女の子が欲しい

男の子が欲しい

女の子が欲しいなら

男の子が欲しいなら

先輩ママの失敗談

グリーンゼリーなら

産み分け失敗談なら

グリーンゼリーなら

 

 

>>女の子が欲しい!産み分け三種の神器 TOP