肉と魚で産み分け?子供の性別は食生活で変わる?

肉と魚で産み分け出来る?

旦那(パパ)が肉や魚を食べることで、子供の性別の産み分けが出来るという噂を、一度は耳にした事があるのではないでしょうか?

  • 食生活でコントロールが可能?
  • 実際のところ産み分け効果はあるの?

疑問もあると思うので、肉や魚の産み分けについて調べてみてみました!

 

産み分けをする時にパパが肉・魚を食べた方が良いの?

2人目、3人目の子供は、弟か妹のどちらが欲しいか考えていても、結果通りにならない事ももちろんあります。

 

その為産み分けの方法がないかと考える方が大変多く、産み分けの方法も色々と考えられます。

例えば:

  • 男の子を生みたい時は、旦那(パパ)に肉と魚を多めに食べさせる
  • 女の子を産みたい時は、野菜を多く食べると良いとされています

どういう理由で産み分けが出来るのかというと

精子の中の染色体が生き残りやすい環境を作ること重要なのだといいます。

男の子の遺伝情報を持つY染色体を生き残らせたいなら

パパに肉や魚を食べさせて体を酸性に近づける

逆に女の子の遺伝情報を持つX染色体の場合

野菜をたくさん食べて身体をアルカリ性に近づけます。

 

そうすることでそれぞれの精子が生き残りやすい環境が作れるのだそうです。

(備考:医学的・栄養学的には根拠なし)

 

食事での産み分けは気休め程度にやると良いかも

食事での産み分けは医学的、栄養学的根拠なし

染色体を生き残りやすい環境を作るといわれると、なんとなくうまくいきそうにも感じますが、実際の所は食事で染色体が生き残りやすくなるという医学的、栄養学的根拠はありません。

 

食事の改善だけで身体全体の酸性・アルカリの変化がはっきりと現れるわけではありませんし、女性の膣と子宮はそれぞれ酸性とアルカリ性で、どちらの染色体に不利な環境といえます。

  • そのため食生活を改善させたとしても、どちらか片方の染色体が有利な環境を作るのは困難なのです

肉・魚による産み分けは都市伝説のようなもの

必ずしも産み分けに成功するというものではありません。食生活の改善以外にも様々な方法がありますが、少なくとも個人レベルで出来る産み分け法については、どれも医学的に根拠はなく、成功するとは限りません。

 

肉・魚による産み分けは気休め程度

過度な期待はせずに、気休め程度のものとして考えたほうが良いでしょう。

 

産み分け 都市伝説

産み分け方法は沢山ありますよね。中にはそれホント?と思うような都市伝説的なものもあるので嘘?本当を白・黒調べてみました

 

>>産み分け都市伝説をもっと見るなら

 

ただバランスの良い食事はママ・パパ共に必要

バランスの良い食事は重要

食事による産み分けが出来ないと悲しんでいる方もいるかもしれませんが、それでも食生活は子供を産む上で非常に大切です。

子供を生む前の食生活は重要で

  • 精子や卵子を作る能力を高めることにつながる
  • 妊娠中は子供に必要な栄養となってくれる

産み分け意識の食生活では、たんぱく質やビタミンなどの栄養が不足する可能性があります

 

2人目、3人目をこれから産むことを考えると、健康には特別気を使わなければなりません。

 

肉・魚で産み分け まとめ

子供は授かり物と昔から言いますが、それだけ自由に物事が運ばないのが出産です。産み分けについてもあまり意識せず、身体を労わることを第一に考えてください。

 

無事出産にこぎつけるよう、肉や魚、野菜などの食材をバランスよく食べるようにしましょう。

 

産み分け人気の記事一覧

産み分け体験レポート

確率UPゼリーの正体!

産み分けゼリーのベイビーサポート使っての体験記

確率UPゼリーの正体

女の子が欲しい

男の子が欲しい

女の子が欲しいなら

男の子が欲しいなら

先輩ママの失敗談

グリーンゼリーなら

産み分け失敗談なら

グリーンゼリーなら

 

 

>>女の子が欲しい!産み分け三種の神器 TOP