女の子の産み分けにはピンクゼリーを使ってみよう

ピンクゼリー画像

女の子の産み分けに使用されるピンクゼリーは

  • 病院での処方で保険対象外の為、5本入りで約10,000円ほどの費用がかかる

その他にも費用が発生しますので、費用面では経済的余裕が必要となっています。ここではピンクゼリーについて色々と調べてみましたよ

 

女の子の産み分けに使うピンクゼリーとは?確率は?

ピンクゼリーとは?

お母さんは女性ですから、一人目・二人目が男の子だった場合には女の子を産みたいな、という気持ちが強いのではないでしょうか?

 

女の子の産み分けで使用されるのがピンクゼリーです。

  • ピンクゼリーを使用すると女の子が産まれてくる確率が70〜80%と高くなる

ピンクゼリーの使うタイミングは排卵日の2日前

女の子を産むセックスのタイミングとしては、排卵日の2日前に行うのが良いでしょう。ピンクゼリーの持つ効果性が高まります!

 

ピンクゼリーを注入すると、膣内が酸性となり、X精子が動きやすくなるのです。何故かというと、Y精子は酸性の環境を好むからです。

使うだけで

  1. 女の子が生まれてくる確率が上がる
  2. 効果性が期待できる
  3. ゼリーによる障害の危険性のない

ピンクゼリーを使い女の子の産み分けに挑戦してみましょう。正しい使い方を実践すれば、効果を感じることが高いゼリーです。

 

ピンクゼリーの効果は?成分を教えて!

ピンクゼリーの効果は?成分は?

  • 結論から申しますと、ピンクゼリーに含まれている成分は不明なのです。

この部分で、障害の危険性を疑われるかもしれませんが、障害の危険性を引き起こす可能性のある産み分けゼリーを病院は処方しません。

 

むしろ正しい使い方やピンクゼリーが持つ効果を、医師に相談した方が良いかもしれません。

ゼリーの力でアルカリ性を酸性に変える

女性の膣内環境は酸性に保たれているわけですが、排卵日当日になるとアルカリ性となってしまいます。

 

ピンクゼリーを使用すると、膣内が酸性となり女の子が産まれやすい環境となるのです。そのような効果があるのです。

女の子を産むためには、染色体をXX

女性の卵子はX染色体しか持っていませんが、精子はX染色体とY染色体を持っています。女の子を産むためには、染色体をXXとしなければなりません。

 

X精子は酸性に強い特性を持っていますから、膣内を酸性にしておく必要があるのです。

ピンクゼリーを効果的活用なれば、正確な排卵日の特定が必要

  • 排卵日を特定し、正しい使い方を実践出来れば、女の子が産まれる確率は高くなるのです。

ただ正しい使い方であっても、女の子が100%の確率で産まれるわけではないのです。ピンクゼリーを使用しての成功率は約70〜80%ですので、過信することは控えましょう。

 

ピンクゼリーのグリーンゼリーの違いって何?

ピンクゼリーのグリーンゼリーの違い

ピンクゼリーとグリーンゼリーは混同しがちですが、障害の危険性は両方とも存在しません。使い方や効果性も一緒です。

  • ピンクゼリーは女の子用
  • グリーンゼリーは男の子用

の産み分けゼリーなだけです。

ただ使い方のタイミングは間違わないよう注意

注意としては、2つの産み分けゼリーの大きな違いは使う日がまったく違う事です

  • ピンクゼリーは排卵日2日前
  • グリーンゼリーは排卵日当日

に使用することがベスト

そうすると産み分けゼリーとしての効果をフルに活かすことが可能となります。

 

使い方を間違うと保険が効かない分、効果を発揮してくれなければ困る所ですが、元気な赤ちゃんが産まれてくる事には違いがありません。

 

副作用は?障害の危険性の心配について

ピンクゼリーの副作用は?障害などの危険性

男の子と女の子を産み分けることの出来る産み分けゼリーの存在を知った時は、正直ホントなの?と私も思いました!

使い方を間違ってしまうと

  1. 障害の危険性があるのではないか?
  2. 副作用があるの?

と思ったのですが、調べてみると障害が残ったという報告はありません。ピンクゼリーの安全性の高さを理解することが出来ます。

障害の危険性が存在しているゼリーを医療機関では処方しない

医療機関で安全なものしか扱わない

ピンクゼリーは、主に病院で処方されるものですが、そのような障害の危険性が存在しているゼリーを医療機関では処方しません。このことは理解しておくべきでしょう。

副作用や障害を引き起こす原因

産み分けゼリーやその使い方ではなく、むしろ染色体に原因があるか、と思われます。

  • ピンクゼリーの使用効果による副作用や障害が起こる可能性は限りなく、低いと考えられるのではないでしょうか。

ピンクゼリーは、正しい使い方を実践すれば、効果を実感することが可能なわけですから、障害児のリスクもないので安心して使えるゼリーかと思います

 

ピンクゼリーの使い方・使用方法を教えて!

ピンクゼリーの使い方

ピンクゼリーの持つ効果をフルに使うのであれば、正しい使い方が求められます。

    ピンクゼリーの正しい使い方

  1. 使用する時にはゼリーを液体になるまで溶かします。(お風呂より少し熱めの温度で容器ごと温めて湯煎します。約5分で溶けますが十分に溶けるまで温めて)
  2. 注射器に1回分の使用量を入れ、膣内に注入
  3. 約5分間ほど待ってセックスを行う(膣内全体に、ゼリーを行き渡らせるという効果がある)

女の子の産み分けを行う場合は、排卵日の2日前に性行為をするのがポイント!しっかりと排卵日を確認しておきましょう

 

湯煎がちょっと面倒な部分がネック

ピンクゼリーの使い方として、使う時に一回・一回湯煎して使わなくてはいけないので、正直手間です…

 

私もそうなのですが、そういった方におすすめなのが市販で販売されている、ジュンビー株式会社で登録商標されているピンクゼリーもあります。

市販のピンクゼリーだと湯煎なく楽ちんです

ジュンビーのピンクゼリー

こっちのピンクゼリーだと

  • 湯煎などの手間がない
  • 通販で安価で購入できる
  • 葉酸も一緒についてくる

など特典満載なので、産み分けを病院通院でなくやりたい方におすすめです^^

 

使い方が簡単なピンクゼリーなら

ジュンビーのピンクゼリー公式通販

 

実際に使ってみた方の口コミ・評判

ピンクゼリーに関する口コミを集めてみました。参考にしてみて下さい。

使ってみて失敗だった口コミ・評判まとめ

ピンクゼリー使った失敗の口コミ1

評価:評判:1.5(30代女性)
女の子が欲しかったから使ってみたけど失敗しました。効果は無かったということになります。失敗する20%に入ってしまいました。失敗した原因は性交の直前に注入したことですかね…

 

ピンクゼリー使った失敗の口コミ2

評価:評判:1(20代女性)
障害の危険性が無いということで安心して使いました。でも次の子は男の子でした。使い方は守っていたとは思いますが、排卵日の計算は自信が持てなかった

 

 

ピンクゼリー使った失敗の口コミ3

評価:評判:2(30代女性)
第1子が男の子だったので、第2子は女の子が欲しかったのです。自分で排卵日を特定しピンクゼリーを使ってみました。友人からの口コミも良かったので。でも効果は無かったみたいです。次の子も男の子でした。でもやっぱり可愛いからOK!

 

使ってみて成功した口コミ・評判まとめ

ピンクゼリー使った成功の口コミ1

評価:評判:4.5(30代女性)
ピンクゼリーを使用して女の子の産み分けに挑戦してみました。次の子が待望の女の子だと分りました。こんな方法で、願いが叶うとは考えもしませんでした。

 

ピンクゼリー使った成功の口コミ2

評価:評判:5(20代女性)
産み分けゼリーを使おうと思ったのは、使っても自分自身もそうですが、赤ちゃんに障害の危険性が残らないというメリットがあったからです。排卵日直前に性交を行い、女の子を授かる事になりました。ピンクゼリーの持つ効果に驚き

 

ピンクゼリー使った成功の口コミ3

評価:評判:4(30代女性)
病院でこのゼリーを処方してもらいました。最初は半信半疑でしたよ。調べていくと女の子の産み分けに成功する確率が、70%まで上がると知り試してみました。成功でしたよ、第3子は女の子。正しい使い方を守ったのが良かったのかな!

 

ピンクゼリー使った成功の口コミ4

評価:評判:5(20代女性)
ピンクゼリーが持つ効果を信じて、女の子の産み分けに挑戦してみました。排卵検査薬で排卵日を確認。基礎体温表でもダブルチェック。排卵日を特定し、その2日前にセックスし女の子が誕生することとなりました。

 

ピンクゼリーの購入方法!通販で購入出来る?

ピンクゼリーの購入方法には2つの方法があります

  1. 病院で医師に処方してもらう方法
  2. ネット通販で購入する方法

しっかりと専門的知識を持った医師に確認したいなら病院

説明をしっかり聞きたいなら病院で処方が良い

医師に障害の危険性があるのか、正しい使い方はどういう使い方なのか、効果はあるのかなど、専門的知識を持った医師に確認することが出来ます。

産み分けには、多くのリスクを想定する必要性がある

間違った使い方で効果性が薄まり、失敗するのではないか?と言ったリスクへの不安が心をよぎると思われますので、病院で処方してもらう方法が心配ならおすすめ

産み分けには費用がかかるので費用抑えるなら通販

費用抑えるなら通販

ネット通販で購入する方法もあります。ネット通販で購入だと費用がだいぶ抑える事が出来ます!

病院で産み分けを受けると
  • 初診:25000円
  • 毎月:5000〜10000円

ピンクゼリー代と諸経費でかかる所

通販のピンクゼリーだと
  • 1本あたり1330円のみ(2箱セット購入の場合)

1箱に10本入っているので、半年くらいは持つ計算です。

半年間病院に通った場合

10万近くかかってしまう所、通販のピンクゼリーだと26600円のみで+葉酸サプリも付いてくるので断然お得です。

 

病院での産み分けは保険対象外ですから、費用を考慮するとネット通販の方が良いです。正しい使い方を守りその効果を感じましょう。

 

病院のピンクゼリーより通販で手に入れるピングゼリー

病院のピンクゼリーよりも、安く通販で手に入れることの出来るジュンビーのピンクゼリー

 

使い方も湯煎無しで使えるので楽ちんですし効果も同じです!膣内に注入するという使い方も同じで、女の子が産まれやすくなるという効果性も一緒です。

費用面を考えると断然お得

ジュンビーのピンクゼリー 単品

 

単品購入だと14800円で1本あたり1480円で購入可

私的には2箱セットが一番推奨できるかと

ジュンビーのピンクゼリー 2箱セット

 

費用面を考慮すると、2箱セットだと26600円で1本あたり1330円

  • 送料無料にもなり
  • 葉酸サプリも1個付
その上おめでたキャッシュバック付

もし、早い段階で妊娠したらピンクゼリーが余ってしまうと思うのですが、ジュンビーでは余ったピンクゼリーを1箱10000円で買い取りしてくれるのです。

おめでたキャッシュバック付

 

費用を考慮すると、2箱セットが一番良いかと思います!

 

費用お得なピンクゼリーなら

ジュンビーのピンクゼリー公式通販

 

ピンクゼリー まとめ

ピンクゼリーは、女の子の産み分けを希望される際に使用される産み分けゼリーです。成功確率は70〜80%となります。

 

副作用や障害の危険性もありませんし安心して使えます。女の子が欲しいと思っているなら産み分けゼリーは使うと効果的ですよ

 

産み分け人気の記事一覧

産み分け体験レポート

確率UPゼリーの正体!

産み分けゼリーのベイビーサポート使っての体験記

確率UPゼリーの正体

女の子が欲しい

男の子が欲しい

女の子が欲しいなら

男の子が欲しいなら

先輩ママの失敗談

グリーンゼリーなら

産み分け失敗談なら

グリーンゼリーなら

 

 

>>女の子が欲しい!産み分け三種の神器 TOP