2人目の子供の妊活はいつから?タイミングは?

2人目の子供の妊活はいつから?

2人目の子供が欲しくなった場合、2人目を産むための妊活をいつから行うのかは、タイミングが重要となります。

 

様々な要素が存在しますが、赤ちゃんは授かるものです。夫婦間での話し合いによって、導き出された答えがベストのタイミングかと

 

2人目の子供の妊活には互いのタイミング協力が必要!

タイミングというものは、常に重要な位置を占めています。掴み損ねてしまうと、運命が違う方向となってしまうのです。

 

夫婦のタイミング協力

1人目の赤ちゃんが誕生し、落ち着いてきた頃に、夫婦が熟慮し始めることの一つに、2人目の子供はどうするのかという事があります。

 

2人目を希望するのであれば、妊活を始めなければいけませんし、そのタイミングを掴むことも難しい問題といえます。

2人目を妊活するタイミングはどの時期がベスト?

  • どの時期がベストなのかは、夫婦で話し合って納得した時期ではないでしょうか
  1. ママの年齢・体力
  2. 互いの仕事への影響
  3. 考慮しなければいけない要素

などが絡んできますから、夫婦でしっかりと、話し合うことが不可欠です。

妊活で重要な事はママの年齢と体力

ママの年齢・体力を考慮しよう

お互いが協力し合って、妊活を進めていくことです。ママの年齢と体力が重要になります。

 

年齢を重ねるごとに、女性の卵子は衰えていきます。その事もしっかりと考慮しなければいけないのです。

 

医学的には少なくとも1年半を経過から始めるべき

医学的に考慮してみると

  • 2人目妊娠のベストタイミングは、1人目出産から1年半後とされています。

出産してからすぐに妊活を行う夫婦はあまり、いないと思われますが、産後、1年半より前に妊娠してしまうと、早産や低出生体重児のリスクが高くなると言われています。

 

そのことを考慮しながら、妊活を始めるタイミングを探っていかなければなりません。

低出生体重児(未熟児)とは

低出生体重児(未熟児)

産まれた時の体重が2,500g以下の赤ちゃんの事で、早産になりやすい傾向があります。

 

2人目を産むためには、子宮はもちろん、母体を休ませなければいけません。この事を考えると、2人目妊娠時や出産時のリスクを回避するためにも、少なくとも、1年半は妊娠を避けなければいけません。

医学的目線で妊活を始めるのであれば

少なくとも、産後1年半を経過してから始めるのが、医学的にはベストなタイミングでしょう。産後1年半の間は、しっかりと避妊することをおすすめ。

 

母体や産まれてくる赤ちゃんのことを大切に考えましょう!

 

子供の年齢差で考える2人目のタイミング

子供の年齢差で考えるタイミング

2人目の妊活のベストタイミングを考える際には、子供の年齢差も考慮しなければいけません。

 

子供の年齢差 メリット・デメリット
一学年差

メリット:子育てが一気に終了する

 

デメリット:母体の回復が為されていない事や経済的負担が発生

二学年差 デメリット:しばらく、育児が続く為、心が落ち着くことがない
三学年差 メリット:上の子が育児を手伝ってくれるため、楽な気分で育児に専念出来ます。年齢的にはベスト

 

デメリット:入学や受験のタイミングが重なる為、大きな出費が発生しまう

四学年差以上 メリット:一緒に育児に参加してくれるため、助けてくれることが多い

 

デメリット:ただ年齢差があると、育児期間が長くなる

子供の年齢差を基準に考えてみると

  • 二人目は、二年後に妊活を始める事がベストタイミングです。学年で言えば、三学年差が良い

二人目の妊活のタイミングは子供の年齢差を考えると、難しいものなのです。

タイミング的には年子はおすすめ出来ない

年子というものは、1人目と2人目の差が1歳しか離れていないことです。

 

母体から考えると、産後1年も満たないうちに、妊活を行ったということになります。産後1年半前よりも前に妊活を行うと、早産の危険性や低出生体重児のリスクが高くなると言われており、2人目を産むベストなタイミングとは言えないのです。

まだ母体が出産から回復していない時期から妊活が始まり

産後回復してから妊活を

出産をするわけですから、母体へのトラブルが心配です。タイミング的には年子はおすすめ出来ません。

 

2人目を産むタイミングとしては、母体が回復してからの方が良いですね

 

現実的な問題は仕事への影響を考えてみた場合

仕事への影響考える妊活

2人目の妊活を行うタイミングとして、現実的な問題としては、仕事への影響を考えて、妊活を行うことでしょう。

共働きの場合は

しっかりと考慮しなければいけません。いくら寛容な世の中になったとはいえ、会社の雰囲気や職種によっては1人目と2人目の間隔が短いと産休や育休を取ってしまうと

  • 居心地の悪さを感じてしまったりする事
  • 復帰しても仕事の業務内容に付いていけなかったり

仕事への影響を考えて、妊活を行うタイミングを模索することは熟慮する必要があります。

上の子が保育園に通っている時も

上の子が保育園に通っている時

子供が多感な時期に、2人目を妊娠してしまうと、子供にかまってあげることが出来なくなり、場合によっては、退園という事態に発展しかねません。

以上の事も考慮する必要があります

夫婦でしっかりと話し合い、育児と仕事に邁進する時期を決めておく事が先決です。その決めた時期が、ベストなタイミングと言えるでしょう。

 

高齢の方の妊活二人目は40歳が一つの目安

高齢出産の二人目

高齢の方の妊活をするベストなタイミングはいつなのでしょうか。高齢出産になると、様々なリスクが生じます。

 

2人目を妊活しているのに、2年以上経っても妊娠が出来ない時は、2人目不妊と言われてしまうのです。

  • 時期的に40歳を過ぎると、2人目を授かる確率は下がってくると言われています

いつまで出産出来るのかには個人差があるが

母体のことを考慮すれば、2人目の妊活を行うタイミングとしては、40歳が目安とも言えます。とはいえ、高齢出産も現在では多くなってきています。

 

しっかり、夫婦間で出産をするタイミングを話し合うことが必要でしょう。高齢出産のリスクは、初産の時よりは低くなりますので!

 

2才差の兄弟や姉妹は世の中には多いですね

2才差の兄弟や姉妹は世の中には多いものです。世の中では、2人目の妊活をこのタイミングで行った方が多いのでしょう。

  • 2才差は、目の離せない2人目の子の世話をしながら、上の1人目の子の面倒を見なければなりません

上の1人目の子がイヤイヤ期に突入した場合は

甘えたい衝動から、数々のわがままを仕掛けてきます。その世話もしなければならないので、心が落ち着く日は遠いでしょう。その事を考えると、この2才差という子供の年齢差のタイミングで妊活を行うことは、楽しくもあり、苦しくもある生活となるはずです。

 

2人目の妊活をこの2歳差というタイミングで行うことが悪いことではありません。夫婦間で育児について、話し合うことが必要です。

 

2人目の子供の妊活 まとめ

2人目を希望した場合、妊活を行うタイミングは難しいものです。医学的な見地から、子供の年齢差から、そして、仕事の兼ね合いから探っていかなければなりません。

 

2人目の妊活に大切なものは夫婦間の協力です!しっかりと二人で話し合いをしてみてください

 

産み分け人気の記事一覧

産み分け体験レポート

確率UPゼリーの正体!

産み分けゼリーのベイビーサポート使っての体験記

確率UPゼリーの正体

女の子が欲しい

男の子が欲しい

女の子が欲しいなら

男の子が欲しいなら

先輩ママの失敗談

グリーンゼリーなら

産み分け失敗談なら

グリーンゼリーなら

 

 

>>女の子が欲しい!産み分け三種の神器 TOP